二重整形について、よくあるQ&A

二重まぶたの手術はきわめて短時間のうちに終わってしまうので、多くの患者さんが「これで終わり?」と拍子抜けしてしまうようです。
でも、心配はいりません。


これでナチュラルな二重まぶたがあなたのものになるのです。

二重まぶたがアンバランスで、何となく寂しげな印象を与えていました。

腫れもなく、目もとが引きしまり、パッチリとした感じになりました。

とてもナチュラルな二重まぶたに仕上がりました。まわりの誰にも気付かれませんでした。


どこか怒っているような、典型的な一重まぶたでした。腫れもなく、ソフトな感じの目もとになりました。
二重まぶたが顔になじみ、存在感のある明るい目もとになりました。

目頭の皮膚のかぶさり(もうこひだ)があると左右の目が離れて見え、何となく寂しげな印象を与えてしまいがちです。


このような場合は目頭をほんの少しカットして、形を整えます。左右の目が近づき、スッキリした印象になるだけでなく、目そのものを大きく見せることもでき、華やいだ雰囲気になります。

腫れもほとんど目立たず、手術直後から洗顔メイクも可能。
『スーパーナチュラル法』による二重まぶたの整形とあわせて行えば、目元の印象をより美しく変えることができます。

二重まぶたなのに、目元が寂しげな印象です。

わずかな変化なのに、華やかで立体感のある目元になりました。
二重まぶた/目の下のふくらみたるみも解決できます。

目元の印象は、目の大きさやまぶたのラインだけで決まるものではありません。上下のまぶたの肉付きや皮膚の張りなども大きな要素です。
例えば下まぶた。

ここは年齢とともにぷっくりとふくらんで、少しずつたるみを帯びてきます。


これは皮膚のたるみや皮下に溜まった脂肪が原因ですが、若い方でも目の下のふくらみがあると実際の年齢より老けて見えてしまいます。こうした症状に対してこれまで行われてきた手術は、下まつげの下を切開して脂肪を取り除き、皮膚もいっしょに切り取るといった方法でした。

でも、この方法では目の下のシワを完全になくすことはできませんし、傷跡も残ってしまいます。

そのためKクリニックでは、下まぶたの裏側の粘膜にごく小さな穴を開けて、そこから特殊な器具を使って脂肪を取り除く、という方法をとります。

まぶたの外側にはいっさい手をつけませんから、傷跡の心配がありません。

Kクリニックでも希望者の多い手術の一つです。

わきが手術の口コミ情報を参考にしよう。

もちろん手術直後から洗顔メイクも可能。
入院通院の必要もありません。